初めての転職活動を行う際に知っておくべきポイント

新卒時の『就職活動』と同じようにやればいいと思っている方は非常に多いのですが、転職活動は同じ仕事探しでも、多くの違いがあります。転職活動開始に当たり、知っておいていただきたい7つのポイントを下記にて解説しますので、「転職活動」を円滑にするヒントにして ください!

①転職時期について ~ベストの時期はない~

転職時期について

一般的には、いつ転職活動を開始するのがいいのかと考える方が多いようですが、中途採用を行っている企業の募集背景は、事業拡大の為の増員募集、欠員補充など理由はまちまちで、定期的な募集でない場合が多いです。

いつ行えば有利になるとか不利になるというのは実際にわかりません。
つまり転職活動を始める時期は自分次第ということになります。

転職活動する皆さん自身も「こういう仕事をしたい」や「こういうビジネスパーソンになりたい」といった自己実現につながる動機から転職活動を開始される場合もあれば、会社の都合や家庭の都合などの外的要因によって転職活動を余儀なくされる場合もあります。活動開始の理由やタイミングも個人で様々なはずです。

②退職について ~原則、次の勤務先が確定してから~

退職について

学生の頃の就職活動と異なるのは、現在の仕事を退職してしまうと、次の勤務先が決まるまでは収入がなくなる為、家計にも大きく影響します。

次が決まらないまま自ら退職をすることはリスクがありますのでお勧めはしません。ですが、学生時代とは異なり、現職を続けながら転職活動を行う場合などは、同じ状況にいる方も周りに少なく相談相手はかなり限定的になってしまいます。その分、就職活動以上に計画性を持って活動することが必要になります。

注意して頂きたいのは、たとえ仲のいい先輩、同僚、後輩であっても相談をすることだけは避けてください。誰が転職活動をしている等の情報は、思っている以上に会社内で流通します。ある日突然、上司から呼び出しがかかり、退職を余儀なくされたというケースも珍しくありません。同じ会社の人には、次の勤務先が決まってから、退職することを打ち明けるようにしましょう。

③会社選びについて ~情報収集は意外に難しい~

会社選びについて

転職希望の方は、既に勤務経験があるので、企業の知名度やイメージだけでなく、具体的な職務内容や残業の実態、人事制度、企業風土、財務状況など、実際に働いてみて自分自身が重要視するポイントを知りたいと思うのではないでしょうか。

ただ、会社にとっても中途社員募集については、ニーズに合致した即戦力となりうる人材をピンポイントで採用する企業が多いため、企業情報は、就職活動ほど広く公開されていないことも多いようです。そのため「非公開求人」をはじめ、転職支援会社などにしか公開されていない情報があることも事実です。

④応募について ~職務経歴書は他の候補者と差別化を図ろう~

応募について

応募書類の中で、就職活動と決定的に違うのは「職務経歴書」が必要であるということです。これまで経験した職務内容を分かりやすく、そして採用側の選考のポイントをある程度押さえながら記入する必要があります。しかし、企業が求めている人材像や選考のポイントを把握するのは簡単なことではありません。

また、志望者が多そうな競争率の高い会社では、書類選考を通過するため、形式化された書類とは言え、他の応募者との差別化を図らなければなりません。そのためのアドバイスをしてくれる人は、周りにはなかなかいないかもしれません。

職務経歴書例のダウンロードはこちら

⑤面接について ~簡潔に分かり易く話す~

面接について

これまでの経験・実績などを分かりやすく伝え、そして入社後はどのように活躍できるのかを具体的にアピールしなければなりません。面接での受け答えを通して、経験・スキル・パーソナリティからあなたへの期待値(将来的な貢献度合い)をどれだけ採用担当者に感じて頂けるかが成否の分かれ目です。

また現職とは異なる業界からの転職の場合などは、あなたの仕事について初めて聞く採用担当者もいるわけですから、特に説明力(簡潔に分かりやすく説明する力)は必要となります。また、競争相手は、キャリアもスキルもまちまちの社会人。 場合によっては既存の社員とも比較されるので、限られた時間であなたの強みを的確に伝えなければなりません。

⑥入社承諾について ~複数社受ける場合は注意が必要~

入社承諾について

活動を始めてから内定までの期間は1~3カ月といわれています。
今すぐにでも中途社員を採用したいと考えている企業は、就職活動のように入社まで1年近くも待ってくれません。そのため、内定から返事(入社承諾)をするまでの期間は1週間程度と限られています。

転職支援会社を使用せずに個人で複数社に応募する場合などは、選考期間などが不明なため、第一希望の企業の選考結果がでない間に、第二希望の返事をしなければならないといった選択をせまられるケースもありますので注意が必要です。

またスムーズな入社をするためにも、選考がある程度進んだ段階で、志望企業の優先順位を固めておく必要があります。

⑦入社について ~企業は即戦力を求めている~

入社について

転職はゴールではなく通過点です。
転職先で活躍できて初めて、転職活動の成功を実感できるのはないでしょうか。

中途採用では「即戦力」になることが期待されています。中途採用でも新卒並みの手厚い研修を行う企業もありますが、多くは短期間の研修後、実務を通して自力で仕事の要点を理解し、早期に成果を挙げることが求められます。入社前に、職務内容の詳細やどのような成果を出すことが求められるかを把握した上で、転職後は能動的に取り組むよう心掛けてください。

転職支援申し込みはこちら

弊社キープキャリエールでは、皆さんが上記の問題や障害をクリアし、円滑に転職活動ができるよう転職支援サービス(無料)を行っております。是非、ご活用ください。