履歴書の書き方

Word用履歴書ひな形ダウンロード

ここから履歴書のひな型をダウンロードできます。
下記を参考にながら作成してください。履歴書は採用側に「見て頂く」書類です。丁寧に、熱心に心を込めて1社に1通、作りこみましょう。

履歴書のポイント

1.日付
履歴書を作成した日ではなく、持参する場合は当日の、郵送の場合は投函する日付を記入。日付が抜けていると、注意力不足とか、「使いまわしするために」という印象を与えてしまうこともある。
2.ふりがな
「ふりがな」とあれば ひらがな で、「フリガナ」とあれば カタカナ で記入。
3.住所
都道府県名から書く。番地も「2-3-4」と省略せず、「2丁目3番4号」というように書く。
アパートやマンション名はもちろん、部屋番号「105号室」などと正確に書く。
4.捺印
印鑑は三文判でもかまわないが、不用意な押し方に注意したい。曲がったり、欠けたり、かすれたりしないように丁寧に押す。捺印欄がない履歴書は捺印の必要はない。
5.写真
3ヶ月以内に撮影したものを使う。原則スーツ着用。例えパートアルバイト希望の場合でも同様。スナップ写真や、セーターなどラフな服装はダメ。カラーでもモノクロ写真でも可。
6.学歴
中央に学歴と書く。中学校は卒業年月だけ。大学・短大・専門学校は、学部や学科、専攻名まで記入。
卒論のテーマが志望先と関連性のある場合は、入社5年目ぐらいまでなら、アピールの材料の一つとして書き込んでおくとよい。
7.職歴
学歴の項目から一行あけて、中央に「職歴」と書く。職務経歴書を添付する場合は、会社名、配属先、役職名などを簡潔に書いておけばよい。職歴の最後には、必ず「以上」と書き添える。
8.免許・資格
勉強中の資格があれば、それを書いてもよい。
9.趣味・特技
個性や人間性をアピールできる部分なので、具体的に書く。例えば、読書なら好きな作家の名前や一ヶ月に読む冊数などを書くとよい。スポーツなら、経験年数や腕前を記入する。ギャンブル系は一般的には避けた方がよい。
10.退職理由
職歴欄に記入する場合には、「一身上の都合により退社」と書くのが一般的。会社の倒産・事業所の閉鎖、早期希望退職への応募は「会社の都合により退社」。期間の定めのある雇用形態(派遣・期間社員など)を満了した場合は「期間満了により退社」と書く。
11.健康状態
「良好」または「極めて良好」が一般的。数ヶ月前まで病気で入院していた場合でも、今は回復しているのであれば「良好」でかまわない。
12.志望動機
自分は「何が出来て」、「何がしたくて」、その会社の「どこに魅力を感じて」、「どう貢献するか」を簡潔にまとめる。履歴書の記入例サンプルに使われているような、「貴社の将来性に・・・」や、「貴社の社風が・・・」のようなあたりまえの志望動機は避ける。
13.本人希望記入欄
職種、勤務地、就業時間などを記入する。休日、給料などはの待遇面は、面接の際に話しになるので、触れなくてもよい。譲れない条件があれば書いてもよいが、条件がきつ過ぎると敬遠される。
本人希望欄は、希望よりもスペースの有効活用として、自己PRなどを記入し企業側へインパクトを与えられるように工夫する。