面接対応

ステップ1心構え

心構え

面接は誰もが緊張してしまうものです。初対面の相手との会話に加え、合否を「採決される」重要な場面ですから当然のことでしょう。しかし、この緊張が度を越してしまうといいことはありません。自分の強み、キャリアのPR、熱意を訴えることが難しくなってしまうからです。ですから、面接で緊張しないための心構えとして重要なのは、以下の3点です。

1.求人側、企業側は双方、対等であることを意識する
一方的に選ばれるのではなく、求職者側も企業側を選ぶという視点をもつ
2.企業研究を徹底的に行う
事前に企業研究をすれば、面接官から自社についての質問をされても対応できる
3.想定される質問についての答えを用意する
面接において質問される事柄の多くは、どこの企業でも似たり寄ったりであることもあります。面接が終わったら、その質問をメモするなどして次の会社の面接に備えましょう

ステップ2事前準備

事前準備

事前準備として大切なことは大きく二つです。一つは企業を徹底的に研究すること、二つには面接で聞かれそうな質問の答えを用意する、ということです。「企業を徹底的に研究する」については最低でも以下の3点について準備しましょう。

1.会社の場所を確認する
面接前にその会社に出向き、ルートの確認(面接当日、迷って遅刻しないため)、可能であれば職場の雰囲気なども見ておくとよいでしょう
2.ホームページの確認
ホームページは隅から隅まで読み込んでください。特に、企業理念や代表者の企業経営のこだわり・方針をしっかりと理解しておく必要があります。ホームページを読み込んでくることを企業側は事前準備として当然のことと考えています。
3.業界の動向、仕事の内容について
面接でその会社がどのような強みをもっているか、また、仕事内容はどのようなものかを出たとこ勝負で確認するのではなく、せめて概要を理解し、企業側から説明されたことを理解できる状態にして面接に臨みましょう。「面接で聞かれそうなこと」については、最低でも以下の6点です。
  1. 志望動機
  2. 退職理由
  3. 今までのキャリアについて
  4. 自己PR(長所・短所)
  5. 説明しづらいこと・聞かれると答えに困ってしまうこと
  6. 企業に対する質問
上記は最低でも答えを用意する必要があります。また、他の会社の面接を通し、聴かれた事柄は新な「聞かれることリスト」として追加し、様々な質問に対応できるようにしておきましょう。

ステップ3面接対応

面接対応

面接においてまず大切なのはマナー。具体的には以下の点です。

1.まずは大きな声で挨拶
声が小さいと消極的だと思われてしまいますし、自信がないともとられてしまいます。
2.アイコンタクト
面接官の目をみて会話することが重要で、アイコンタクトができないとコミュニケーション力に疑問符が付けられます。
3.うなずき
うなずきながらの会話は相手にとって、「ちゃんと聞いている」あかしとなり、好評価につながります。
4.笑顔
表情は明るいにこしたことはありません。硬い表情や極度に緊張している表情ですと、とっつきづらい印象を与えてしまいます。キャリアやスキルは大切ですが、「一緒に仕事をしたい」と思わせるためには印象も大切なのです。
5.ハキハキ
会話はハキハキとしたいものです。ハキハキすることで、会話のリズムが良くなりますし、明るいコミュニケーションがとれる人物という印象になります。