転職お役立ち情報

面接・選考

最終面接で受かるために〜しっかり対策&内定獲得!

書類選考、そして数回の面接に合格したら、内定まであと一息!

志望企業の最終面接(役員面接)まで来られたのに採用してもらえなかったときには、残念で悔しい気持ちは、はかり知れないですよね。

そこで今回は、最終面接(役員面接)で合格するコツをご紹介したいと思います。

確実に、内定を手にしたい最終面接のその前に、ぜひこの記事をお読みください。

 

—————————————————-
最終面接でここを見られます
—————————————————-

最終面接の面接官は、社長や役員クラスのことが多いです。

会社のトップの面々は「この人材がもしうちの会社に入社したら、会社は更に良くなっていくだろうか」という見方であなたを見ています。

スキルや経験が合致することは、すでに履歴書・職務経歴書等の書類と今までの面接で確認が済んでいますので、最終面接では会社とあなたとの相性が見られるのです。

 

■□■入社への意欲■□■

この面接の前までに、これまで何度か入社への志望動機を聞かれてこと細かく説明してきたと思いますが、最終面接でもこれはしっかり問われるのです。

これまで以上に、さらに綿密に志望動機に肉付けをして、高いレベルにアップさせて、社長や役員の方々に入社意欲を大きくアピールしましょう。

 

■□■社風と合うかどうか■□■

企業理念や社長の挨拶などをしっかり何度も読み込んで、会社の社風を捉え、よく理解します。

面接のときには「理念への共感」を伝えたり「社長の挨拶への質問」を行ったりして、企業研究をしっかり行っていることをアピールするとともに、社風とマッチする状態を、それとなく伝えましょう。

———————————————
最終面接で合格するコツ
———————————————

最終面接まで進んだ時の内定率は8~5割程度と言われています。

書類選考や一次面接通過率よりは高いとはいえ、絶対に内定が獲得できるといえるわけではないのです。

下記の最終面接で合格するコツを実践して、少しでも内定獲得率を上げていきましょう。

 

■□■前回までの書類・面接の内容と変わらないように■□■

履歴書や職務経歴書に記載した内容、今までの面接で回答した内容と反しない回答をするようにしましょう。

よくあるミスは「他の企業で話した内容と間違えて話してしまった」「もっとアピールしたくて、別の内容を話してしまった」というものなどです。

 

まず面接企業を間違えるのは、絶対にあってはいけないことです。

面接中の志望職種と全く関係のない内容を話してしまうと、それは不採用確実になってしまいます。

面接の前日までに履歴書や職務経歴書を何度も読み返し、企業サイトを隅々までチェックして決して間違いのないように備えましょう。

 

これまでの面接で話してきた内容と全く別の内容を話すのもあまり良くないことです。

今までの面接で話したアピールポイントは、最大の強みのはずです。

つまり別の内容を話すということは、前回よりもアピールが弱くなってしまう可能性があります。

また、前回までの回答内容はメモされていることが多く、それを踏まえて面接官は面接に臨んでいるのです。そこで別の話をしてしまうと「この人は一貫性がない」とマイナス評価につながってしまう恐れもあります。

■□■入社する意思をしっかり伝える■□■

「内定が出たら入社します」とはっきり伝えましょう。最終面接では特に、入社意欲が高い人材をもちろんのこと優先します。

なぜならすでにスキル・経験面は、今までの面接でクリアした上で、最終面接に来ているからです。

スキルや経験が豊富でも、入社意欲が低そうな人材はそこで見送られてしまいます。入社意欲が高い人の方が優先されることは、火を見るよりも明らかですものね。

入社意欲が誰よりも高いことを上手に伝えて、内定への決定打としましょう。

 

■□■業界と企業の最新情報も事前に確認■□■

入社する意思を伝えるための方法その2です。

業界や企業の最新情報やコラム等を探してチェックしておき、入社後のために予習していることを大きくアピールしましょう。

ニュースや業界紙等でより多くの知識をたくわえておきましょう。

 

■□■逆質問は入社後のことを■□■

最終面接でも逆質問はされるのです。

最後の逆質問になったら、入社後のことについて聞きましょう。

あなたが入社して活躍している様子を、面接官がはっきりイメージできるような質問がとても効果的です。

 

<例文>

「具体的な配属先の決定はいつごろになりますでしょうか?」

「御社で活躍されている方々に共通点はあれば教えてください」

「新しい部署ができるご予定とのことですが、私が配属される可能性はありますか?」

 

 

———————-
まとめ
———————-

最終面接まで進んでも「これで内定確実だ!」と気を抜いてしまうと、不採用、という悲しい通知が届いてしまうかもしれません。

今までの面接と同様に、最終面接も、最後の最後まで気持ちをしっかり引き締めて自信を持って臨みましょう。

 

完全無料の転職支援申し込みはこちらへ

転職支援のキープキャリエール

エントリーはこちら→https://keep.ne.jp/hrbc_entry

 

★栃木・群馬・茨城の転職エージェントはキープキャリエール★ 営業・製造・技術・管理の掲載求人1,400件以上。毎日新着! 好条件、未経験可、土日祝休みの求人をお探しの方、転職自体を 悩んでいる方も応募フォームよりお問合せください。

<電話お問合せ> 028-647-3322【月~金:朝9時~18時】

北関東での転職はキープキャリエールにお任せください!

非公開求人を含む北関東エリアのハローワークにも存在しない、あなたにぴったりな求人をご紹介

  1. SUPPORT1

    応募書類の添削・面接対策&アドバイス

    履歴書や職務経歴書の書き方などしっかりとサポート。
    専任コンサルタントが採用確度を高めます。

  2. SUPPORT2

    お忙しい方も安心して任せられる体制

    応募書類の提出、面接日程の調整をあなたに代わって代行。
    書類準備や転職希望先との日程調整をあなたのスケジュールにあわせ代理で調整します。

  3. SUPPORT3

    採用条件や入社日の調整

    紹介シーンにおいて企業側に採用条件を交渉することは言いにくい内容であります。
    当社があなたに代わり企業側と交渉を行い納得した状態での就職が可能となります。