転職お役立ち情報

転職お役立ち情報

逆質問の仕方〜面接最後のアピールチャンスで好印象を!

面接の終盤になるとよく聞かれるのが「何か質問はありませんか?」。逆質問といわれるこの質問の答え方により、自身のアピールにもなればイメージが下がってしまうことにもなることがあるのです。

今回は、魅力のある逆質問の方法についてお伝えいたします。

ぜひ、面接の前にこの記事をチェックして、面接終盤に訪れるご自身のアピールの機会をさらに良いものにしていきましょう。

 

——————————————-
逆質問をすることの理由は
——————————————-

企業サイドが逆質問を行う理由は大きく3つあります。

 

■□■どれだけ志望することへの熱意が高いのか■□■

面接官への逆質問を行うためには、求人情報だけではなく、企業のホームページの内容や求人の細かい内容、その業界の状況、動向までしっかり理解しておかなければならないのです。

就職活動は、同時に複数の企業に応募していることでしょうから、やはり志望度が高い企業を優先して情報収集を行うものですよね。

ということは、逆質問ができない・的外れになってしまっている・通り一遍の質問しかない、のであれば、面接官から「うちの企業へほんとうに入社したいのだろうか、熱意があるのだろうか」と判断されてしまうことにもなってしまいます。

 

■□■企業の研究を熱心にしているだろうか■□■

面接官への逆質問の内容が、あまりにも初歩的であったり、ホームページに掲載されており、だれでもわかるような内容だったりすると、面接官の印象は良くないでしょう。

なぜなら、企業研究をしていないことが、そこで分かってしまうからです。面接官は逆質問を通じて、あなたの業界や企業への理解度がどれだけ高く、熱意があるものなのかを推し量っているのです。

溶接

■□■コミュニケーションの能力はどうだろうか■□■

面接のほとんどは「面接官からの質問に答える」という方式で行われますよね。

一方、逆質問は面接官へ行う質問です。もし入社した際に、社内でも自分の意見をしっかり伝えられるかどうかも、ここでチェックされているので、気が抜けません。コミュニケーション能力が高いことも、しっかりアピールしていきましょう。

 

———————————————
逆質問で印象を良くする
———————————————

ただ単に「知りたいと思ったことを聞く」だけでは、面接官の印象には残らないし、杓子定規な印象だけ与えてしまいかねません。下記のポイントを参考に、面接官へ、良い印象を与えていきましょう。

 

■□■入社への意欲をはっきり見せる■□■

入社を前提とした質問は、意欲の表れとして好印象が与えられます。

例:

「入社後の部署は、どちらになるのでしょうか?」

「入社が決まりましたら、どなたが上司になりますか?」

「御社で即戦力として活躍するために、今から準備しておくべきことはありますか?」

 

■□■自己アピールをさりげなく添えることを忘れずに■□■

面接内で伝えきれなかった自己アピールを添えて、入社後の即戦力になることを伝えます。

例:

「現在、〇〇〇〇の資格試験の勉強を行っています。合格しましたら、御社の業務で活かすことはできますでしょうか?」

「前の職場では、営業事務として営業マンとの対話、お客様との対話を大切に邁進してきました。今までに仕事で培ってきたコミュニケーションのスキルを御社で活かすにあたって、どのような点に注意すればよいか、教えていただけますでしょうか?」

 

■□■特に質問がない場合の答え方■□■

逆質問をする方が印象は良くなるのですが、面接中に疑問がすべて解消されてしまう場合もあるでしょう。

逆質問が一つもないときは「特にありません」だけではなく、合わせて入社への意欲をしっかり交えて答えましょう。

 

例:

「面接内で充分ご説明いただきましたので、こちらからの質問はありません。ぜひ、御社へ入社させていただきたいと思っております」

これまでのお話を伺い、充分納得できました。特に質問はありません。ぜひ、御社とのご縁がいただければと思っております」

中高年1

———————————————
このような逆質問は、NG!
———————————————

逆質問する内容は何でも良いわけではありません。ここでは、印象を悪くしてしまうNGな逆質問の例のご紹介をいたします。

 

「御社の強みは、何ですか?」

企業のHPや、求人情報をじっくり読みさえすれば分かる内容の質問は、NGです。面接当日までにしっかり掘り下げた企業研究、業界研究を行ってまいりましょう。

 

「未経験ですが大丈夫なのでしょうか?」

このように入社に不安を感じている人よりも、自分の能力に自信がある方を採用したくなりますよね。

自信の無さは、決してアピールしないように、気を付けましょう。

 

「年収はどれくらいになりますか?」

給与や福利厚生などに関する質問もあまりよくありません。

面接官からは、仕事内容よりも給与や福利厚生の面で選んだのだと思われて、イメージを下げてしまうことになってしまいます。

給与や福利厚生については内定が出たときに質問できますので、面接の場では控えておきましょう。

 

———————–
まとめ
———————–

逆質問は最後のアピールチャンスです。

面接で伝えきれなかったことや入社への意欲をさりげなく付け加えて、面接官への好印象に繋げてください。

企業や面接内容によって使い分けが必要ですので、一つだけでなく、複数の逆質問を考えておき、しっかりアピールしていきましょう。

 

完全無料の転職支援申し込みはこちらへ

転職支援のキープキャリエール

エントリーはこちら→https://keep.ne.jp/hrbc_entry

 

★栃木・群馬・茨城の転職エージェントはキープキャリエール★ 営業・製造・技術・管理の非公開求人1,400件以上。毎日新着! 好条件、未経験可、土日祝休みの求人をお探しの方、転職自体を 悩んでいる方も応募フォームよりお問合せください。

<電話お問合せ> 028-647-3322【月~金:朝9時~18時】

北関東での転職はキープキャリエールにお任せください!

非公開求人を含む北関東エリアのハローワークにも存在しない、あなたにぴったりな求人をご紹介

  1. SUPPORT1

    応募書類の添削・面接対策&アドバイス

    履歴書や職務経歴書の書き方などしっかりとサポート。
    専任コンサルタントが採用確度を高めます。

  2. SUPPORT2

    お忙しい方も安心して任せられる体制

    応募書類の提出、面接日程の調整をあなたに代わって代行。
    書類準備や転職希望先との日程調整をあなたのスケジュールにあわせ代理で調整します。

  3. SUPPORT3

    採用条件や入社日の調整

    紹介シーンにおいて企業側に採用条件を交渉することは言いにくい内容であります。
    当社があなたに代わり企業側と交渉を行い納得した状態での就職が可能となります。