SMSで連絡したご案内のページです。

なぜ心理的安全性が注目されているのか?
前回に続き「心理的安全性」について説いていきたいとおもいます。 今回は「なぜ心理的安全性が注目されているのか?」について書きます。   心理的安全性という言葉が世に出てきたのは少し前からですが、同様の概念は以前から存在しました。 何でも言い合えるチームにしたい 情報交換を活発にしたい などの思いは、 組織によくある悩みであり大きな課題でもある。   そんな心理的安全性が脚光を浴びたのは、Googleの研究結果が発表されたのがきっかけです。 離職率が高い、 建設的な議論がない、 足の引っ張り合い、 生産性が低い、 アイディアがなかなか生まれないetc といった悩みがある中で、 調査において「心理的安全性の高い組織のメンバーは、離職率が低く、建設的な議論や他メンバーが発案したアイデアをうまく利用することができ、収益性が高く、という結果は、衝撃を与えるものでした。 生産性の高いチーム作りには心理的安全性が重要であることは広く知られ、注目されることになったのです。   次回は「心理的安全性がもらたらす企業へのメリット」について書きます。