雇用安定へ、無期転換ルール開始 適用逃れに懸念も

雇用安定へ、無期転換ルール開始 適用逃れに懸念も イメージ

 
有期雇用契約の労働者が同じ企業で通算5年を超えて働けば、期間の定めのない契約へ移行できる労働契約法の「無期転換ルール」が1日、始まった。要件を満たす労働者が勤務先に申請すれば適用される。有期労働者の雇用安定化が期待されるが、契約更新年数に上限を設けるなど、適用逃れが疑われる企業も既に現れている。厚生労働省は、制度の趣旨に沿った対応を呼び掛けている。
 
 無期転換ルールは2013年4月施行の改正労働契約法で定められた。施行日以降に契約更新を重ね、同じ企業での勤続期間が通算5年を超えた人が対象で、企業は申請を断ることができない。
 
 
参考:https://news.goo.ne.jp/topstories/business/486/4e14a97725ad399c20164628e7d6519c.html

お役立ち情報の一覧へ