遊び歩いてると投書… 非正規や在宅ワークと子育ての見えない現実

遊び歩いてると投書… 非正規や在宅ワークと子育ての見えない現実 イメージ

 仕事と子育ての両立は、どうしてこんなにつらいのか。そう感じながら、毎日必死で走り続けている人は少なくない。待機児童のニュースを聞くたびに、上司や同僚に気を使い、後ろ髪をひかれながら会社を後にするたびに、いつになったら楽になるの?と思ってしまう。小学生になっても、ティーンエイジャーになっても新たな「壁」があらわれると聞けば、なおさらだ。AERA 2017年9月18日号は「仕事と子育て」を大特集。
 
「仕事と子育ての両立」のしんどさを訴える声が減らない。職場で、家庭で、誰もがぎりぎりの状態でがんばらないと、「両立」はできないのか。何が両立を阻んでいるのか。
 
*  *  *
 これまでしてきたのは正社員の話。だが、いまも出産で仕事を辞めざるを得ないという女性は少なくない。再就職する際は、派遣社員やパートタイムなど、非正規雇用というケースは多い。たとえ出産時は産休・育休を取得して復帰できても、配偶者の転勤などで退職せざるを得ないというケースもある。
 
 パートタイムで働く都内在住の女性(43)もそのひとり。現在は、長女(15)、次女(9)を育てながら、事務や経理の仕事をしている。
 
●夫の転勤で働けない
 
 転勤族の夫とともに国内・海外を転々とする日々。社会と少しでもつながっていたいので仕事はしたかったのだが、子どもたちと共に新しい土地に慣れるだけで精いっぱい。約10年は定職に就けなかった。
 
 長女が中学2年、次女が小学2年になった1年前、ようやく仕事を始めたが、家事と育児を一手に引き受けているためパートタイムが限界。しかも、仕事を始めてまもなく夫が転勤に。単身赴任を選択したので引っ越しは免れたが、正真正銘のワンオペ育児が始まってしまった。
 
「子どもが小学生、中学生になれば育児は楽になると思っていました。でも、金銭面の負担はどんどん大きくなりますし、PTAや習い事、塾の送迎、心のケア、進路、ママ友との関係……。子育ての大変さはまだまだ続くんですね」
 
 独立・起業し、自分のペースで仕事と育児をこなしている女性たちにも特有の悩みがあった。
 
 自宅で仕事をすれば通勤が不要になって時間を有効に使えるし、早く帰るからと周囲に気兼ねする必要もなくなる。メリットばかりのはずだった。
 
 大泉りかさん(40)は、長男(0)を認可保育園に預けて自宅で執筆活動を続ける「小説家」だが、7月のある日、保育園の担任から呼び出された。そして、
 
「区役所に何度も、保育園に子どもを預けている時間に遊び歩いているという投書があった」
 
 と聞かされた。
 
●在宅ワークあるある
 
 自営業やフリーランスで自宅で仕事をしている場合、昼食や打ち合わせのために昼間の時間帯に外出することはままある。その姿を近所の知り合いに見られ、「あの人、本当に仕事しているの……?」と疑われるというのは、実は「在宅ワークあるある」。待機児童問題が深刻ないま、「働いてなさそうなあの人の子が認可保育園に入れて、うちの子が入れないのはなぜ?」とやっかまれてしまうのか。
 
 自営業者が認可保育園に子どもを入園させるハードルは高い。自治体によっては居宅内労働の場合、ポイントが低めに設定されているし、就労を証明するために膨大な書類の提出が求められる。
 
 大泉さんは、正当な手続きを経て長男を認可保育園に入園させ、しっかり働いている。幸い退園を迫られることはなかったが、いまだに「犯人」はわからない。
 
 そもそも、自営業には産休も育休もない。産後すぐに働かなければお金は入ってこないし、ブランクがあけば得意先との関係が疎遠になり、仕事の発注がなくなるリスクもある。大泉さん自身は、親に頼れる人や、正社員で育休などの制度に守られている人を「うらやましい」と思う。隣の芝生が青く見えるのは、誰でも同じなのだ。
 
「『うちはうち、よそはよそ』と考えて割り切らないとだめですよね。この先も、仕事と子育てを両立させていくうえで、他人のことをやっかんだりずるいと思ったりしていちいちムカムカしていたら、つらいだけだと思うんですよ」
 
 と大泉さん。
 
 誰もがぎりぎりの状況で頑張らざるを得ないから、他人の事情を思いやる心の余裕が持てない。それが、仕事と子育ての両立を阻む「最大の壁」なのだ。(ライター・今井明子)
 
※AERA 2017年9月18日
 
参考:https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2017091500094.html

お役立ち情報の一覧へ