退職のきっかけは「やりがいや達成感の欠如」。報告タイミングは「退職を決意したとき」~「退職のきっかけ」実態調査(『エン転職』ユーザーアンケート):エン・ジャパン

退職のきっかけは「やりがいや達成感の欠如」。報告タイミングは「退職を決意したとき」~「退職のきっかけ」実態調査(『エン転職』ユーザーアンケート):エン・ジャパン イメージ

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の総合転職支援サービス『エン転職』上で、ユーザーを対象に「退職のきっかけ」についてアンケートを実施し、10,074名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 
<調査結果 詳細(抜粋)>
1:退職のきっかけ、第1位は「やりがいの欠如」。20代は「給与」「拘束時間」「成長感の低下」、男性は「企業の将来性」、女性は「家庭の事情」も影響大。
 
「これまでに退職を考えたことはありますか?」と伺ったところ、96%が「ある」と回答しました。退職を考えたことのある方に、退職を考え始めたきっかけを聞くと、トップ3は「やりがい・達成感を感じない」(41%)、「給与が低かった」(41%)、「企業の将来性に不安を感じた」(36%)でした。
 
年代別で10ポイント以上差が出たのは「給与が低かった」(20代:46%、30代:44%、40代:36%)、「残業・休日出勤など拘束時間が長かった」(同:33%、28%、19%)、「自分の成長が止まった・成長感がない」(同:28%、28%、18%)でした。男女別で5ポイント以上差が出たのは 「企業の将来性に疑問を感じた」(男性:40%、女性:33%)、「体調を壊した」(同:12%、17%)、「結婚・家庭の事情」(同:7%、13%)でした。
 

2:退職の進め方、報告タイミングは「退職を決意したとき」、報告相手は「上司」、退職までの期間は「1ヶ月~2ヶ月以内」がそれぞれ最多。
 
転職経験の有無を伺ったところ、71%が「転職経験がある」と回答。転職経験のある方に、退職理由を伝えたタイミングを伺うと「退職を決意したとき」(35%)がトップでした。年齢別に見ると、若い年代ほど退職を決意したタイミングで伝える傾向があることが分かりました。最初の報告先は「上司」(65%)、退職までにかかった期間は「1ヶ月~2ヶ月以内」(41%)がそれぞれトップでした。

 
【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査期間:2019年7月29日 ~ 8月27日
■調査対象:『エン転職』を利用するユーザー
■有効回答数:10,074名
 

<本ニュースリリースに関する問合せ先>
エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水、西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683
E-mail:en-press@en-japan.com

 
 
◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
 
(エン・ジャパン株式会社 https://corp.en-japan.com/ /9月26日発表・同社プレスリリースより転載)
 
参考:https://jinjibu.jp/news/detl/16989/

お役立ち情報の一覧へ