米雇用統計、市場予想大きく下回る…2万人増

米雇用統計、市場予想大きく下回る…2万人増 イメージ

【ワシントン=山本貴徳】米労働省が8日発表した2月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気の動向が反映されやすい非農業部門の就業者数は前月比2万人増にとどまり、市場予想の約18万人増を大きく下回った。米南部をハリケーンが襲った2017年9月(1万8000人増)以来の低い伸びとなった。
 
 大幅増となった今年1月(31万1000人増)の反動が出た可能性がある。中西部などの寒波が雇用の伸びを抑えた面もありそうだ。
 
 業種別では、住宅市場の冷え込みの影響を受けている建設業が減少に転じた。政府機関の一部閉鎖などを背景に個人消費が伸び悩んだことで、小売業もマイナスとなった。
 
 一方、失業率は3・8%で、前月から0・2ポイント改善し、約半世紀ぶりの低水準を維持した。平均時給も前年同月比3・4%増で、約10年ぶりの高い伸びとなった。時給の伸びは米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する物価の動向に影響を与えるため、市場の注目度が高い。
 
 FRBは、景気の減速懸念を受け、金融引き締め効果がある米国債などの保有資産の縮小について、年内に停止する計画を近く公表する予定で、19〜20日の連邦公開市場委員会(FOMC)で決める可能性がある。雇用市場の実態を見極めるため、FRBが打ち出した利上げの一時停止が長引く可能性もある。
 
参考:https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20190308-567-OYT1T50257.html

お役立ち情報の一覧へ