女性2人、新在留資格を初取得 カンボジア国籍の技能実習生

女性2人、新在留資格を初取得 カンボジア国籍の技能実習生 イメージ

出入国在留管理庁は9日、外国人労働者の受け入れを拡大する新制度で、カンボジア国籍で技能実習生の20代女性2人が、新たな在留資格「特定技能1号」を取得したと発表した。2人は新資格初の取得者となった。
 

 2人は大阪府に本社がある農業経営の会社で約3年の技能実習を経験。新資格の業種は農業で、主に和歌山県御坊市などで働く予定という。
 
 2人は4月26日付で、資格変更を許可する通知書が送られており、9日に大阪出入国在留管理局で変更の手続きをした。
 

参考:https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2019050901001884.html

お役立ち情報の一覧へ