女性採用者は過去2番目の水準 約34%、18年度国家公務員

女性採用者は過去2番目の水準 約34%、18年度国家公務員 イメージ

内閣人事局は13日、2018年度に採用した国家公務員のうち女性の割合が前年度から0.5ポイント増えて33.9%になったと発表した。16年度の34.5%に次いで過去2番目に高い水準で、女性採用を30%以上とする政府目標を4年連続で達成した。
 
 人事局によると、国家公務員に採用されたのは7602人で、このうち女性は2580人。幹部候補となる総合職は671人で、うち女性は218人と32.5%を占めた。
 
 府省庁などの組織別では、女性の割合が最も高かったのは内閣官房で55.6%。公正取引委員会55.2%、消費者庁50.0%が続いた。
 
 
参考:https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2018041301001314.html

お役立ち情報の一覧へ