じわりと広がる副業ワーク 人気の仕事は「ライター」

じわりと広がる副業ワーク 人気の仕事は「ライター」 イメージ

自分のチカラが、外の世界でも通用するか試してみたいーー。そんな願望を秘めている働く女性はきっと多いでしょう。でも転職はしたくない。そんな人たちが選ぶのが副業という選択肢です。「副業元年」といわれる2018年。副業を許可する企業が大幅に増えています。では一体、どのような職業の人がどのような副業をしているのでしょうか。気になる実態をご紹介します。新しい世界が広がるかも?
 
【アンケート概要】
ランサーズ株式会社がウェブ上で調査
◎調査対象:ランサーズに登録している全会員
◎調査機関:2018年4月14日〜4月23日
◎有効回答数:1784人(内、副業で利用する525人に対する調査)
 
副業する人の本業は? ビジネス系職種が最多
 
 2018年は「副業元年」といわれています。今年1月、多様な働き方の導入を推奨する「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を政府が発表。それに伴い、大企業が相次いで副業を許可するなど、働き方に関する視野がダイナミックに広がってきています。
 
 では、実際に副業をしている人はどのような仕事を本業としているのでしょうか。調査結果によると、副業・兼業している人の本業は、過半数が事務職、企画・管理職、営業職といった「ビジネス系職種」であることが分かりました。一方、エンジニアやプログラマーといった「IT系」、デザイナーやライターといった「クリエーティブ系」は合わせてわずか2割という結果になりました。
 
 一番人気の職種はライターで、全体の4割を占めていました。続いてエンジニア・デザイナーが3割となり、本業で過半数を占めるビジネス系の職種は2割に留まりました。本業とは異なるIT系やクリエーティブ系といった「別の仕事」にチャレンジする傾向にあるようです。
 
 受けた仕事のカテゴリランキングを見ると、記事作成・インタビューがトップでした。
 
1位 記事作成・インタビュー(ライティング)
2位 調査・分析・統計
3位 データ収集・入力
4位 チラシ・バナー・イラスト作成
5位 Webシステム開発・プログラミング
 
 同社の別の調査(フリーランス実態調査2018年版)によると、国内の広義のフリーランス人口は1119万人に上り、日本の労働力人口の約17%を占めるそう。このうち副業人口(本業・副業を区別しない労働者を含む)は744万人で、フリーランス人口全体の約7割に上り、8兆円近い経済規模になるといいます。
 
 これらの調査結果から、今後はビジネス系職種の副業が増えていく可能性が高いと考えられているようです。
 
副業OKの企業が6割以上
 
 ここ数年、大企業の副業解禁のニュースを相次いで見かけるようになりましたが、副業OKとする企業はどれくらいあるのでしょうか。
 
 「本業の勤め先」の大多数が副業を許可しているようです。これは昨年の調査と比較すると前年比177%になり、大幅アップ。企業も柔軟な考え方へとシフトしているようです。企業が多様な働き方を認める背景には、労働力人口の減少に伴う人材確保など、深刻な社会問題が絡んでいそうです。
 
 本業の勤め先の規模は半数が「従業員50名以下」の企業となりました。最も変化が著しいのは5000人以上の大きな企業で、昨年は全体の1.9%だったのに対し、今年は9%(+7%)と大きな伸びを見せました。まだ数は少ないものの、「働き方の新時代」は確実にやって来ています。
 
独立したい? 副業のまま? この先どうする
 
 本業以外でも活躍する副業ワーカーたちは、この先どのような道を希望しているのでしょうか。最も多い答えが「個人事業主」(34%)でした。一方、「1社に雇用されながら副業する働き方」「複数の企業に同時に雇用される働き方」と副業や兼業のスタイルを引き続き希望する割合が過半数を占めました。
 
 いかがでしたか。ウェブ上には、クラウドソーシングなどによるフリーランス向けの求人情報があふれています。「転職には消極的だけど、外で自分のチカラを試したい」と考える人にとっては、絶好のチャンスかもしれません。
 
文/大楽眞衣子
 
 

参考:https://news.goo.ne.jp/article/wol/bizskills/wol-00008i7C.html

お役立ち情報の一覧へ