医療・介護業界

IMG_0613-90x120_b 高橋 大輔
人生の大半の時間を費やす仕事。それならば納得のいく転職活動が大切です。求職者の方の目線に立って転職活動を支援します。

現状と今後の発展

医療・福祉の業界が直面している問題は、現代社会が抱える問題そのものです。
少子高齢化問題は医療・福祉業界とは切り離せない、密接な関係と言えるでしょう。
とくに介護業界は数ある業界の中でももっとも高い離職率となってしまっています。
今、日本の医療福祉を支え、牽引する人材が求められています。
就業経験が少ない若い方から、他業種でのキャリアを積まれた方まで、幅広い年齢層で
活躍が可能となっております。
「地域の人のために」というやりがいを感じる求職者の方をキープキャリエールは応援しています。

この業界におけるキャリアアップ

この業界は、あらゆる専門家の集団で形成されています。そのため自身の業務の専門性を高めていくことは
必須です。とくに介護業界では就業後も自身の努力によって、公的な資格をとり、新しい業務に挑戦できます。
自己研鑽に励み、資格を取得することがそのまま自身の待遇向上につながるというところも魅力の一つです。

選考対策

医院や施設の雰囲気を選考前に感じてもらうことは非常に重要です。
外観から得られる感覚だけではなく、どのような立地にあり、どのような方が利用しているのか、
すでに就業されている方とコミュニケーションをとれる機会があればより良いでしょう。
選考を通過することというよりも、長く働くことができるのかという視点で検討してみましょう。