転職お役立ち情報

未分類

心理的安全性を高める上での注意点

今回は心理的安全性を高める上で注意したい点として、良く誤解を受けやすいのは慣れあいで仲良しグループと勘違いしてしまうことです。

組織として心理的安全性が高いと感じていても、メンバーにとっては仲が良くて楽な職場だと、全く別の認識を持たれてしまっているかもしれません。

何を言っても許される、失敗しても大丈夫と言った慣れあいの職場では、責任感や意欲は芽生えにくく、生産性の向上を望むことは難しいでしょう。

そのようにならないためにも、日頃からマネジメント層が中心となり、心理的安全性の本質や目的について発信し続ける必要があります。

 

心理的安全性という言葉は良く捉えればポジティブなマインドになりますが

ネガティブに捉えれば、誤解を生みやすい言葉だということを認識した上で浸透させていく必要があります。

 

次回は、計測方法について触れていきたいと思います。